2019年02月10日

「Vivie Modern Raven(DCジャック交換)」

vivie_modern_raven_002.jpg
Vivie Modern Raven

埼玉の国産ブランド Vivie(ビビー)のハイゲインディストーションです

フリー素材みたいな動物イラストとフリーフォントみたいなものを組み合わせ、
ピンクと紫のグラデーション塗装に透明のノブをあしらったデザインはクセが強いばかりですが、
機種名の表す通り、ワタリガラスのイラストが描かれているので少し加点して手に入れました
(動物グッズに弱い)

古くは埼玉の国産ブランド ALBIT(Cranetortioise)が動物系エフェクター(?)の元祖と認識しているのですが、似たような気持ちで手に入れている自分がいます

似たようなデザインでは今はなきRuza Effectsも埼玉県産のエフェクターだった気がします

食指が動かないエフェクターデザインは埼玉県産が多いですね

vivie_modern_raven_003.jpg
DCジャックが根元から折れて陥没したジャンク品です
この機種のウィークポイントは明らかに横に飛び出たスイッチだと思うのですが、
意外にDCジャックがやられてしまいました

vivie_modern_raven_005.jpg
クリア素材のノブも割れやすいイメージ

vivie_modern_raven_006.jpgvivie_modern_raven_007.jpg
ケースの底面まで塗装がされているので、本体にも蓋にもシリアルが書いてあるのですね

「こちらのシートを剥がしますと保証対象外となり」

ここで文章は途切れています

vivie_modern_raven_010.jpg
専用基板の二段構造
コントロールも多いし、中身も詰まってお得です
ミニSWの粘着部に毛みたいのが付着してるのは自分のかもしれません(元からだったかもしれません)

ちなみにインプット・アウトプットジャック共にプラスチックなので、
このミニSWでケースにアース接続されている感じです

vivie_modern_raven_011.jpg
破損したDCジャックです

vivie_modern_raven_012.jpg
DCジャックの下にバッファーの追加基板がありました
バイパス時にも通るようになっている仕様は嬉しい限りです
(ハイゲイン系ですし、何か不都合があって後から追加された物なのかしら?)

vivie_modern_raven_013.jpgvivie_modern_raven_014.jpg
適当な同等品(使用済み)に交換します
取り外した理由を思い出せないのでこれ自体もジャンク品かもしれません

vivie_modern_raven_015.jpg
保証シートも元に戻しました

vivie_modern_raven_016.jpg
キラキラと可愛く見えるように撮影してみました

想像よりゲイン幅が広くてローゲインでもハイゲインでも好みの音がするのが悔しいです

vivie_modern_raven_017.jpgvivie_modern_raven_018.jpg
手芸用の目玉を付けてデコってみました

童心に返りますね
少しでも自分向けに寄せたモディファイでした
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。