2019年02月17日

「MXR distortion+(電源入らず)」

mxr_distplus_junk_001.jpg
MXR distortion+

Jim Dunlop期のほぼ現行品に近い仕様のDistortion+です
ケースは梨地で黄色味が強く、DCジャックが基板直付けタイプになります

「中古で買ったのに動かない」と持ち込まれましたが、
音も出なければLEDも点かないジャンク品でした

mxr_distplus_junk_002.jpgmxr_distplus_junk_003.jpg
電源からすぐの直列された抵抗がひとつ焼けている状態です
目視でわかりやすいのは助かりますが値が読めないのは困ったものです

mxr_distplus_junk_004.jpg
問題の抵抗を除去・パイパスしても動作するのですが、
手元にある近い年代の同機種の抵抗値を確認してみると「10Ω」でした

ネットの回路図を見てもこの抵抗と隣のアースに落ちている電解コンデンサーはなかったので、
回路保護と電源ノイズ対策で近年のモデルには追加されている部分なのかもしれません

この10Ωの抵抗がなぜ先に焼き切れて回路保護に繋がるのかはわかりませんが、
とりあえず同じように10Ωの抵抗を挟んでおきます
(打たれ弱い抵抗とか存在するのかしら?)

ちなみにMXRに限らずJim Dunlop製品には基本的にこの保護回路が追加されているようですので、
(Fuzz Face Miniのジャンク品でも確認)
ジャンク愛好家の皆さん、10Ωなんていう使い道のない抵抗をしこたま買い込んで、
LEDも点かなくて、エフェクト音も鳴らないジャンク品を探すのもいいのではないでしょうか

mxr_distplus_junk_005.jpg
動きました
写真でもわかりますが電池スナップをつけるのを忘れて一旦組み立てております(2台分)

mxr_distplus_junk_006.jpg
MXRのエフェクターは可愛いな〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。