2016年09月04日

「ギターをつくろう その1(図面作成・材料調達)」

いくら練習を重ねても"弦の本数"という壁は容易に超えられないわけでして、
好きな曲を弾いてみたいがため(数曲)に、新しく楽器を購入するのはタンスの肥やしフラグ

しかし世の多弦ギターは大抵尖ってるわ、杢目は凄いわ、
もっとちんちくりんで愛嬌のあるギターはないものかと・・・

ええい、ままよ!
7strings_jaguar_001.png
ということで作ってみることにしました

今回、「授業中のノートに妄想していたマイ理想ギター」の要点は

・7弦(最も重要なコンセプト)
・ジャガータイプ(個人的に一番好きなデザイン)
・できるだけありもののジャンクパーツだけでこさえる(低予算)


とハードルを下げ目、力まず、盛らず、完成させることを目標に頑張ります

製作図面は、今は亡き「フェンダージャパン」が消滅する寸前、
マニュアルライブラリーから手に入れていたpdfファイルや
(既にサイトもないし使っていいだろうて自分ルール)
「guitar plans」等で検索して出てきたDWG(DXF)、pdfファイルを基本に構築

pdfファイルをadobe IllustratorにてDWGファイルへ変換をし、
Autodesk AutoCADで作図を行っています
(ここらへんは探せばフリーのものもありますが割愛)

7弦のフォーマットは、国内多弦の老舗「Ibanez」様の公式サイトより数値を丸パクリ
リアピックアップの位置まで参考にする時短術
付随して24フレット仕様になる始末

7strings_jaguar_000.png
「ジャガーの皮を被ったRG」の作図完了であります

見た目で(ジャンクパーツの在庫状況から)クルーソンタイプのペグを使いたかったので
7個分をヘッドに上手く収めるのに苦労しました・・・

7strings_jaguar_004.jpg
ちなみにセブンイレブンのプリントサービスにて図面データ(pdf)を印刷してみたところ、
等倍でしっかり出力されることも確認済みです


7strings_jaguar_001.jpg
ギター用の木材は日曜ギタービルダー御用達、「アイモク」より調達
アイチ木材加工: http://www.aimokukakou.jp

失敗しても懐が痛くなく、加工が簡単そうな材を最低グレードのもので手配

ボディ材 ・・・アフリカンマホガニー(5P)
指板材 ・・・インドローズ
ネック材 ・・・ハードメイプル(板目)

到着した材のオーラのなさ、安ギター臭がいい感じですな

7strings_jaguar_002.jpg
木材の他には「ギターワークス」からダブルトラスロッドなるものを購入
ギターワークス: http://www.guitarworks.jp/

このトラスロッド、仕込むためのミゾ加工が一定の深さで済むらしく
(トリマーで一直線に掘るだけ)
初心者にやさしい感じが決め手でございます

7strings_jaguar_003.jpg
最後に、このプロジェクトのキッカケ(?)となったジャンクパーツ
ZO-3(7弦)のブリッジと、DiMarzioのモデル不明の7弦ピックアップを用意したところで・・・

製作スタートです!

つづき>
「ギターをつくろう その2(ネック外周加工)」
「ギターをつくろう その3(指板加工)」
「ギターをつくろう その4(ボディ加工)」
「ギターをつくろう その5(ヘッド・指板アール整形)」
「ギターをつくろう その6(ネックシェイプ・ボディ組み込み)」
「ギターをつくろう その7(フレット打ち・下地塗装)」
「ギターをつくろう その8(ヘッドロゴ作成)」
「ギターをつくろう その9(ナット整形・弦止め製作・弦張り)」
「ギターをつくろう その10(ピックアップ製作・改造)」
「ギターをつくろう その11(組み込み・音出し)」
「ギターをつくろう その12(塗装)」
「ギターをつくろう その13(コントロール部・仕上げ)」
「ギターをつくろう その14(完成)」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。