2012年03月18日

「光と音のRPG」

なんでもかんでも音のわかる人が古いものを褒めちぎれば
ビンテージなんてすべて良い音。すべて高騰か。

elk_bigmuff_01.jpgelk_bigmuff_02.jpg
ELK BIG MUFF SUSTAINAR

本家を超えてやろうと意気込んだ結果か
コピー品作れば儲けられると踏んだ結果か
ジャパンビンテージって恥ずかしい言葉ね!
エルクのビッグマフです。

評価ではなく皆が興味あるから高騰してるだけでしょうか。
人と違うビッグマフを使ってる優越感?

elk_bigmuff_04.jpg
とりあえず音が出たり出なかったりします。
LEDも光りません。
パッと見、フットスイッチが交換されている御様子。
そもそもLED自体も後付けでした。

elk_bigmuff_06.jpgelk_bigmuff_07.jpg
汎用品で組み上げられた基板。
電解コンデンサなし。
ごめんなさい。トランジスタの型番も確認してません。
ひどい記事だ。

elk_bigmuff_08.jpgelk_bigmuff_09.jpgelk_bigmuff_10.jpg
ポットは基板に直付けかと思ったら、真鍮棒みたいので延長してます。
TONE側だけ撚り線。前の所有者が壊れたものを直そうとした痕跡かしら。
一般的なTONEポットの効きとは逆なわけですが(絞ると高音にシフト)
本家もそんな感じでしたっけ。

elk_bigmuff_13.jpg
わざわざ撚り線仕様にしてくれてますので、
使いやすいように配線の左右を交換。(絞ると低音側にシフト)
どこまでがオリジナル状態だかわかりませんし、
この際、直感的に使えるように弄っちゃいます。

elk_bigmuff_14.jpgelk_bigmuff_15.jpg
ポットと基板を繋ぐ3本の支持柱付近。
動かすと音が出たり出なかったり。
ポットを留めてるナットが緩んでましたし、
如何にもハンダ不良起こしそうな箇所。
こういうのはテスター要らずで助かります。
(逆にテスターだと判りづらい)

ワイヤブラシで磨いて再ハンダ。
それでもノリが悪かったので使い方によっちゃ再発コースかも…。

elk_bigmuff_11.jpgelk_bigmuff_12.jpg
トゥルーバイパス(死語)とLED追加を目論み、道半ばで諦めた図。
ステンレス板1mm厚に穴を開け、電源を引っ張り、抵抗とLEDまで接続。
そしてゴール直前!!!スイッチ部でグランドに〜、落ちずっっ

引っ張りました。

elk_bigmuff_16.jpgelk_bigmuff_17.jpg
「手放す気無いし、オリジナルに拘らない」ってことでDCジャック取付作業です。
見た目のバランスが崩れるのが嫌で、
エレハモやラットによくあるジャックを使いたかったのですが、在庫なし。
渋々こんなの付けてしまいました。
LED径ならまだしも、ステンレス鋼にこの穴径は体力的にも避けたかったわね…。

elk_bigmuff_18.jpg
振動への弱さを気休め程度にタイラップ。

elk_bigmuff_19.jpgelk_bigmuff_20.jpg
よっしゃ、動いたーん!
当たり前にマフ系。
他と弾き比べてないのでコメント無し。
ビッグマフは未だに使いこなせず、使い道のないエフェクターのひとつです。
(ハイゲインディストーションの方が使いやすくありません?)

じゃじゃ馬とか暴れ馬って言葉を良い意味で使うと胡散臭い。
手懐けたらいい音するのかな。
支配欲を擽るのがお上手ですことね!

この際、言うこと聞く若い子の方がいいんじゃないかな?
(下がれビンテージ市場)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック